新潟ジャムコ 会社概要


新潟ジャムコは航空機内装品における世界のトップメーカー・ジャムコグループの一翼を担っています

株式会社新潟ジャムコとは

ギャレー・ラバトリーを含めたジャムコ内装品の約7割を生産

1989年、(株)ジャムコが将来の増産に対応するために新潟県村上市に新しく創設した新工場が 現在の(株)新潟ジャムコ。場所の選定では、従業員の質を重視し、教育水準が高いと思われる城下町を中心に検討されました。

株式会社ジャムコの子会社であり、ジャムコ内装品製造事業の主力工場です

For Safety and Comfortをキーワードに、安全なフライトと快適な空の旅を提供するジャムコは独自の思想と技術を積み重ね、世界各国のお客様から絶大な評価と信頼を得てきました。

「技術を翼に世界の空へ」。世界に認められた航空機内装品メーカー・ジャムコのトップ生産工場が株式会社 新潟ジャムコです。

会社概要

社名 株式会社 新潟ジャムコ
代表取締役社長 豊福 俊雄
所在地 〒958-0822 新潟県村上市坪根字上坪根341番地1
TEL.0254-52-1188/FAX.0254-50-1000
設立 平成元年4月6日
資本金 3億円
株主 株式会社ジャムコ(100%)
工場面積 敷地57,000m2
工場延べ19,000m2(1F 12,500m2/2F 6,500m2
沿革
平成元年4月
県及び市の工場誘致条例の適用を受け村上市に現地法人として資本金1億円設立
平成2年3月
村上市工業団地にて敷地面積39,000m2工場面積3,400m2で操業開始
平成3年4月
倉庫棟完成面積1,600m2
平成3年10月
工場棟増築面積8,500m2
平成8年8月
倉庫棟増築面積1,000m2
平成9年8月
2億円増資
平成9年10月
工場棟増築2,200m2
平成19年2月
Boeing787関連製品生産開始
平成19年9月
土地購入 18,000m2
平成20年6月
工場棟増築面積 2,300m2
平成23年4月
ハニカムパネルのコア製造を開始
平成24年5月
新潟県経済振興賞受賞
平成25年2月
第二工場敷地面積4,800m2工場面積1,900m2で操業開始(村上市内)
平成27年6月
新潟県胎内市に株式会社中条ジャムコを設立(持ち株比率100%子会社)
平成28年5月
第三工場工場面積2,000m2で操業開始(株式会社中条ジャムコ内)

経営方針

ビジョン
航空機内装品・機器事業本部の一員としてその生産技術で世界一を目指す
ミッション
生産の改善を迅速かつ継続して行い、最善の物作りを追求する
モットー
自ら変化を起こす
コアーコンピテンス
柔軟、挑戦

組織図

新潟ジャムコ 組織図

関連会社

株式会社 中条ジャムコ

住所 〒959-2600 新潟県胎内市清水9番地113
TEL/FAX TEL.0254-44-0066
FAX.0254-44-0067
設立 2015年6月
事業概要 ギャレー用部品の製造

※中条ジャムコは、新潟ジャムコの100%出資子会社です

中条ジャムコ全景

新潟県村上市とは…

村上市の位置

新潟県最北の市。かつては村上藩の城下町として栄え、現在でも市中に武家町、商人町の面影が残ります。村上藩は世界で初めて鮭の回帰性に基づいた鮭増殖を三面川で始めました。 景観の美しい笹川流れや日本海に面した瀬波温泉、毎年7月に行われれる村上大祭の見事な彫刻や漆が施された美しい「おしゃぎり」の屋台が有名です。

村上大祭

村上大祭では町中がお祭り一色に。100年以上前の山車も曳かれます。

越後村上鮭塩引き街道

世界初の増殖に成功した鮭。村上には100種以上の鮭料理があります。